ご予約・お問い合わせ

ayumu.yamanaka.pf@gmail.com
または、各SNSを通してお気軽にご連絡ください。

今は家で充電期間中…⚡YoutubeとFBでStay Home企画(家撮り動画投稿)しています。皆さま、健康にはお気をつけて。

演奏会情報

6/13土@神戸 8/11火@姫路

これより先の情報はこちら(演奏会情報)。過去の演奏会はこちら (2018 2019 2020ご来場ありがとうございました。)

2018年1月19日金曜日

【2/10@芦屋】山中歩夢・Nicolas Deletaille デュオリサイタル


(Japanese - English)

来月10日にチェリストのNicolas Deletaille氏と芦屋でデュオリサイタルをさせていただけることになりました。
I will have a recital with Maestro Nicolas Deletaille on February 10th in Ashiya.

2018年2月10日土曜日
山中歩夢・Nicolas Deletaille ジョイントリサイタル
18:00開演、3000円@芦屋 Salon Classic

2018.February 10th Saturday
Ayumu Yamanaka・Nicolas Deletaille Duo recital
6pm, 3000yen@Ashiya Salon Classic

ご興味お持ちの方はayumu.yamanaka.pf@gmail.com、もしくは右のお問合せフォームからご連絡ください。皆さまのご来場をお待ちしております。
If you get interested, feel free to contact me via gmail or via the contact form on the right side of this blog. 

Nicolas Deletaille氏はベルギー在住のチェリストで、ブリュッセル王立音楽院やキプロスでも教鞭をとっていらっしゃるそうです。非常に幅広いレパートリーをお持ちで、何とリストの後期作品のレコーディングも出していらっしゃいました…!
ホームページはこちら→http://www.nicolasdeletaille.com/en/edito_en.php
Nicolas Deletaille is the cellist living in Belgium, and he is assistant professor at the royal academy in Brussels as well as in Cyprus. He has a lot of repertoires, including Liszt's later pieces...!

無伴奏だけではなく、一緒に小品をデュオしてくださるとのこと、そんな方の相方が僕で良いのだろうかとも思うのですが、せっかくの機会ですし本当に楽しみです。頑張ります。僕のソロはリストの作品を並べます。
I am so grateful that he will play not only solo, but duo with me. I can't wait to play with him. My program will consist of Liszt. 

*********
今日図書館で借りてきました。
リストのことを知らない人から見るとこのタイトル、どう映るのでしょうか。笑
I got this book "Why Liszt made women faint away" at the library. 
How does someone imagine with this title, who doesn't know Liszt well...?lol



2018年1月14日日曜日

【終演】ジョイントコンサートin姫路/ "密輸入者" / 2/10チラシ


(Japanese)

姫路ジョイントコンサートにご来場いただきました皆さま、本当にありがとうございました。

本当に合唱というのは魅力的です。声に勝る楽器はありませんね。残念ながら準備の都合で一部しか聴くことが叶わなかったのですが、真っ直ぐな歌声が心に染み入りました。様々な団体が参加しておられましたが、年代を問わず全員が楽しめる、本当に素敵な音楽の形だと感じます。最後のふるさとでは一緒に歌わせていただいて、本当に楽しかったです。

そんな皆さんの素敵な演奏に混ざって演奏させていただくこの演奏会、出演させていただくのは何回目でしょうか、もう11回目のコンサートだそうで、、、年を取るはずです笑
毎度こちらの方が刺激をいただいていて、また姫路の皆さんにお会いできる貴重な機会でもあり、本当にありがたいことです。ありがとうございました。


素敵な差し入れやプレゼントもありがとうございました。

***

さて、羽曳野、姫路と演奏してきたリストの"スペインの主題『密輸入者』による幻想的ロンド"これを持ってとりあえずは弾き修めです。

ピアノの魔術師と謳われるリスト。
演奏を聴いて多くの女性が失神したとか超絶技巧が殊に強調されがちです。しかし今日演奏されることが多いリストの作品は、超絶技巧ピアニスト最盛期よりもあとに作曲、もしくはそのころに作曲されていても後に改訂されているのものが多いです。

余談ですが「ピアノの魔術師と呼ばれた作曲家は誰か」と西高の世界史の試験で問われたのを覚えています。世界史が苦手だった僕にはラッキー問題だったのですが、みんな揃ってショパンと回答してしまっていたのも覚えています。ショパンは「ピアノの詩人」、岡先生の狙い通りでしたね。笑

ところが『密輸入者』はもっと早い時代に作曲され、ほぼ演奏される機会がありません。冗長で技巧的に難しすぎる上に、もっと"イイ"曲をリストがたくさん残しているためでしょうか。
プレトニョフでさえ演奏不可能と言っているそうで、確かにどう弾くのか分からない箇所がかなりある作品です。重音のトリル、一オクターブ半を超える急速なアルペジオ、遠い位置への跳躍、ひたすらに難しい。。。
どう弾くのかリストに聞いてみたい
公開の場で演奏するのは羽曳野姫路で3回目4回目ですが、まぁ大変です。
それでもこの無茶曲を通じて学べることも確かにありました。こういう曲は今まで避けてきていましたが、その練習から得られること、その無茶から生まれる効果、サーカスみたいな感じもしたり。なかなかうまくは弾けないのですが。。。
きっかけはコンペの課題曲だったから、なのですが、やってよかったなと思います。なぜこれがソナタとセットで弾かされる課題曲なのかと他の出場者たちとあくせくしたのもいい思い出です笑

ちょっとマニアックな選曲となってしまいましたが、せっかくレパートリーになったし演奏される機会のまずない曲なので、何処かでお披露目できればと思い選びました。お楽しみ頂けていたとしたら幸いです。

***

そして次回の演奏会のチラシを受付に用意はしていたのですが、印刷が粗くなってしまった上に枚数が足りなかったようで失礼をいたしました。ここに貼り付けておきますので、ご参照ください。

2018年2月10日土曜日
山中歩夢・Nicolas Deletaille デュオリサイタル
18:00開演、3000円@芦屋 Salon Classic


ご興味お持ちの方はayumu.yamanaka.pf@gmail.com、もしくは右のお問合せフォームからご連絡いただければ手配をいたします。またリストですが違う曲です笑、そして素晴らしいチェリストの方とご一緒させていただきます、本当に楽しみです。

本当にありがとうございました。
また皆様にお目にかかれる日を楽しみにしております。






2018年1月13日土曜日
姫路西高校、広嶺中学校   第11回ジョイントコンサート
13:30開演 入場無料 @姫路・花の北市民広場
リスト  スペインの主題『密輸入者』による幻想風ロンド



2018年1月10日水曜日

【終演】ニューイヤー@羽曳野/そして今週末は姫路【1/13@花北】



羽曳野の演奏会にご来場いただきました皆さま、本当にありがとうございました。
今回は3年前の河内長野と同じ趣向で、シャンソンやダンス、ジャズの皆様とご一緒させていただきました。
相変わらずすごい色気と表現力、見習いたいものです…!


クラシックステージは最初っから最後まで出ずっぱり。ありがたいことです。

最初はテノールの王さん。
普段は会社員として働いておられるのですが、熱心に勉強なさっていて、何度もご一緒させていただいているのですが、いつもこちらが刺激をもらっています。
かっこを付けることもなく、堂々と飾らないで歌うそのスタイルが本当にかっこよかったです。

続いて高田和響さん。
トロンボーンとのデュオはハンガリーのマチ以来でしょうか(その時の記事はこちら)
そのコンペでも聴いたエワイゼン。その時とは違う作品ですがとても魅力的な作品に取り組むことが出来ました。
僕の方がトロンボーンは経験値不足で申し訳なかったのですが、若さとエネルギーあふれる演奏で、たくさんイマジネーションをいただきました。またどこかでご一緒できたらうれしいです。

そして何度目の共演でしょうか、十日谷正子さん。
久しぶりに日本歌曲に取り組む機会をいただきました。金子みすゞといえばだれもが知る詩人、たくさんの作曲家がその詩を基に歌曲や童謡を作曲していますが、今回ははじめましての作曲家、伊藤康英さんのものでした。なかなか素敵です。
本番の集中力が本当にすごくて、僕の耳にもスイッチが入れてくださるようにリードしてくださいました。

そのあとにはソロも。
リストの怪しい二曲、無調のバガテルと、密輸入者の主題による幻想風ロンド。
ちょっと変な方向に走りすぎている感じは否めないですが、せっかく用意したので日本でも弾く機会があればと思い思い切って弾いてみました。

密輸入者の主題による幻想風ロンドはもう一度今週末姫路でも弾きますので、もしご都合がよろしければ遊びにいらしてくださいね。


2018年1月13日土曜日
姫路西高校、広嶺中学校   第11回ジョイントコンサート
13:30開演 入場無料 @姫路・花の北市民広場
リスト  スペインの主題『密輸入者』による幻想風ロンド

入場無料です。もう少しこの無茶曲、煮詰めてまいります!





2018年1月7日
ニューイヤーコンサート
@大阪・羽曳野 LICはびきの

千の風になって・勿忘草
(Tenor王壮之)
エワイゼン バストロンボーン小協奏曲
(Bass Trombone 高田和響)
チャップリン エターナリー
伊藤康英 『金子みすゞの詩による童謡集』より
       大漁・すずめのかあさん・わたしと小鳥とすずと
(Soprano 十日谷正子)
リスト 無調のバガテル
リスト  スペインの主題『密輸入者』による幻想風ロンド

2018年1月6日土曜日

The first performance in 2018 弾き初め


(English below)

皆さま新年明けましておめでとうございます。

ということで、今年からは拠点を神戸に移して、日本で頑張っていきます。
少しずつ色々と広がっていけばよいなと思っています。


さっそく2018年の弾き初めをして来ました。素敵なお宅での小さなサロンコンサート。
全く見ず知らずの僕なのに突然お招きいただき演奏させていただきました。このご縁に感謝です。

新年一発目は、シューベルトリストの編曲ものから。サロンにはちょうど良いかなと思い選曲しました。小さな場所でのホームコンサート、お客様との距離がとても近くて好きです。その分緊張もするのですが。笑

さて、2018年はどんな年になるのでしょうか。
皆さまにとって素敵な年になりますように。本年もどうぞよろしくお願いいたします。

先ずは明後日の羽曳野から。頑張ります!






Happy new year! I started new life in Japan from this year!

I had the first performance in 2018 today at a nice cozy salon in house.
I was invited there suddenly, even though I am totally stranger for the host of the salon. I can't say thanks to them enough.

My 2018 as a pianist has started with Schubert=Liszt transcriptions, I chose these as I thought they are so suitable to the small salon concert. I love this kind of atmosphere, I can feel the audience more closer. It was very nice feeling! 

I wish your life will be filled with much happiness in 2018 as well!
Firstly see you in Habikino on 7th January!

A